急な水道つまりで慌てないために

水道つまりの対処法

水道つまりが発生した場合、早めに解消しないと不便になってしまいます。
しかし、初めて起こった時はどのように対処すべきか分からないということもあるでしょう。
キッチンやトイレなどの水道は毎日のように使うものですし、急につまりが発生してしまうこともあります。
これらは自力で直せることもありますが、不安な場合は自力で直せないと感じた場合は業者に依頼した方が良いでしょう。
まずは見積もりを依頼し、その時に料金も確認しておくのがおすすめです。

やってしまった!水道つまりを解消するには自分で?それとも業者?料金は?

やってしまった!水道つまりを解消するには自分で?それとも業者?料金は?
水道つまりが起こった場合、実は自力でも解消できることがあります。
最も簡単な方法として、水とクエン酸を使った方法があります。
これは水にクエン酸を混ぜ、つまりが発生している部分に流すという方法です。
流してから30分~1時間程度放置し、ぬるま湯で流しましょう。
キッチンや洗面所などでつまりが起こっても、この方法で解消できることが多いです。
専用の薬剤を使用して水道つまりを解消するという方法もおすすめです。
薬剤と聞くと不安に感じるかもしれませんが、安全に利用できる家庭用の薬剤も多く販売されています。
自力でできる方法を試しても水道つまりが直らなかった場合、専門の業者に修理を依頼すると良いでしょう。
料金は公式サイトなどで確認できます。

水道つまりを自分で直す解決方法を紹介します

水道つまりを自分で直す解決方法を紹介します 台所などの排水溝が詰まってしまったら、流れも悪くなるし放置すると悪臭も漂ってくるし、大変なことになります。
水道つまりを自分で解消するにはどうしたらいいのか、ご紹介しましょう。
たとえば台所の排水溝は、排水管の匂いを逆流させないワントラップという仕組みになっています。
ゴミ受けかごを外したときに食材などが流れてしまった時、ワントップに食材や爪楊枝などが入りこんしまうことがあります。
この部分に物が落ちていて流れが悪くなっているなら、目視できるから自分で簡単に取り除けます。
またゴミ受けかごが汚れでヌルヌルしていると水が流れにくくなるので、こまめに外して掃除するたけでも解消することがあります。
排水トラップは半時計まわりに回転させると外れるので、外してからトラップや排水管の内側などを汚れてもいいスポンジや不要になった歯ブラシでこすり洗いしてください。
また排水管の汚れや詰まりを、自分の手を汚さずに一気に解消できるのがパイプクリーナーです。
完全に詰まってしまった水道つまりは解消できませんが、水の流れが悪くなってきたときには有効です。
塩素や水酸化ナトリウムの力で排水管内部にこびりついた汚れや油汚れを分解して落とし、漂白作用もあります。
水道つまりが気になる排水溝にパイプクリーナーを所定の量だけ流し込み、規定の時間が過ぎたら水を流せばOKです。

水道つまりを自分で直す際の注意点とはなにか

水道つまりは頻繁に起こるものではないものの、一度は誰でも経験する出来事です。水道には上水道と下水道の2つがありますが、飲み水である上水道のつまりは自分で解消することはできません。ですが排水溝そのものがつまっている場合は解決することができるので、場所に応じて対応を講じるようにします。
水道つまりが起こりやすいのは、キッチンの排水溝やトイレになります。キッチンの水道つまりが生じるのは、油汚れや食材のくず、洗剤のカスが原因となっており、洗剤のカスと油がくっつくことで排水溝に塊が生じ流れが悪くなります。取り除く際の注意点は、業務用の薬剤を使用する場合手袋とマスクを着用することがあげられます。多くの薬剤は排水管そのものに流すことが多いのですが、小さな微粒子が周囲に飛び散ることもあるため注意しなくてはなりません。水道つまりを解決する際には、薬剤が付かないよう周囲のものを片付け、何もない状態で行うことも大切です。

配管の汚れや異物の落下などの水道つまりの原因について

水道つまりで一番多い原因は、配管の経年劣化や汚れによるものです。台所の水道であれば、油汚れや食べ物のカスなどが蓄積したり、食器用洗剤などが溶け残って固まってしまったりすることでつまりが起こります。また、浴室の水道のつまりの場合には、流れてきた髪の毛や垢をはじめ、シャンプーや石鹸などの残りカスなどが溜まってしまうことでも、つまりの原因となります。そのほかに、水道つまりの原因として多いのが誤って異物を流してしまうことです。
特に洗面所では指輪やピアスなどのアクセサリーをはじめ、ヘアピン、化粧道具、綿棒などを流してしまうことでつまってしまうことが頻繁にあります。水道つまりが起きた時には、自己流で対処しようとするとさらに状況が悪化してしまうことがあるため、すぐに水回り修理の専門会社に連絡をして対応してもらうことが大切です。水回り修理の専門会社は24時間365日対応しているところがほとんどなので、夜間や休日でも安心して依頼することができます。

排水管などで水道つまりの起こる理由について

排水管などで水道つまりが起こる理由ですが、これはもちろん排水中に含まれる様々な物質が関係しているものの、ほとんどのケースで何か単一の大きなゴミのようなものが原因となるのではなく複合的要因であって、その最も大きなカギとなるのは油脂分です。
油脂という言葉がある意味でそれを端的に示しているとも言えるのですが、ある程度以上高い温度では液体状となる一方で、冷えると固形化するのがある種の油脂の特徴であり、これが水道つまりの原因を作っています。サラダ油などではあまり実感しにくいかもしれませんが、バターとかマーガリンのようなものを考えれば、温度によって固体と液体が変わるのはすぐに分かります。ある程度温度の高い排水中では液体状であり普通に排水管の中を流れていきますが、徐々に冷えることで固形化し、それが排水中に含まれる食物残滓とかその他の成分を巻き込みつつ管の壁面に付着していくことで詰まりとなって表面化することになります。

水道つまりなら確かなテクニックと高品質なサービス

水道つまりが起こってしまって、パニックになってしまったりどこへ言えばいいのか悩んでしまうときにおすすめなのが最短30分でお客様の元へ駆けつけてトラブルを解決するサービスです。
水道つまりでよくあるトイレのトラブルは、水位が普段より高いとか便器から水があふれてるや水が流れないなどですがテクニックを持つスタッフがつまりを除去してくれます。またキッチンならシンクの中の水のたまりや排水が遅い、キッチン周辺が臭いなどが多くローポンプを使用したりトーラーの使用や高圧洗浄を実施する場合もあります
お風呂や洗面台の場合は排水口に問題があることが多く、スタッフのテクニックやトーラーや高圧洗浄機を使用して問題を解決しています。水のトラブル解決サービスは、基本料金と出張費と見積もり料金が0円で日本全国24時間365日対応しているので早朝でも深夜でも駆けつけるので頼りになります。創業30年の実績と年間対応件数が100万件あり、高品質なサービスを提供しています。

水道つまりは予防できる?その習慣を身につけよう

台所やお風呂場などで水道つまりが発生してしまうと、水の流れが悪くなったり、ひどくなると流れなくなってしまうことがあります。そうならないために、日頃から水道つまりを予防することを心がけて習慣化するようにしましょう。
台所は、生ゴミや野菜くずが多いのでゴミが詰まりやすい場所のひとつです。それに加えて、調理に使う油分などが多いため、排水溝がつまりやすくなっています。排水溝用の細かい目のネットやフィルターなどを使用して、ゴミや油分が流れるのを防止します。それらも、こまめに取り替えることも大事です。もちろん掃除もしましょう。
お風呂場では、石けんカスや髪の毛などがつまりの原因となります。こちらもフィルターなどを利用して髪の毛などが流れないよう予防します。どこの箇所でも、大きな物は流さないようにすることが一番重要です。そして、細かいゴミなどの流出を防ぎ、こまめな掃除をすることが大切です。定期的に排水溝の掃除もしておくと良いでしょう。

水漏れ修理のおすすめリンク

水漏れ 修理 岡崎市

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>